カルボナーラを作る前に

おいしいカルボナーラを作ろう! 〜パスタ編〜

パスタって、太るっていうイメージがありませんか?
それは、間違いなんですよ。
パスタの成分が糖質なので、パスタ=太るという事になったのかもしれませんね。
パスタの糖質は複合糖質なので、ダイエットに向いてる食品なんです。

パスタは、お腹の中で水分を吸収するので、カロリーをとりすぎないで、お腹がいっぱいになります。
食物繊維も多く含まれいるし、食材や調理の仕方などの組み合わせを変えるだけで(暑い日には冷たいパスタ、しっかり食べたいならカルボナーラみたいな感じ)いろいろな栄養が摂れるんですよ。

パスタのゆで方

  1. 鍋にお水を入れて火にかけて、沸騰したら塩を加えます。
    パスタ100gにつき水1?、水1?につき塩5〜10gが目安です。
  2. 沸騰しているお湯に、放射線状に広げてパスタを入れます。
    お湯のなかに沈みこんだら、かき混ぜます。
  3. お湯が吹きこぼれず、お湯のなかでパスタが揺れるくらいに火加減を調節し、時々お鍋全体をかきまわします。
    ※グラグラと煮立てしまうと、パスタの表面がとけてしまうので注意してくださいね。
    差し水も必要ありません。
  4. 袋に書いてあるゆで時間より少し早めに、1本食べてみてゆで加減を調べます。
    中心に針先くらいの芯が残っているくらいが、アル・デンテです。
  5. ザルにあげて、よく水気をきります。
posted by カルボナーラのレシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。